なんとかしたい。と思うアナタは結構すごい。

なんとかしたい。と思うアナタは結構すごい。

人柄コンサルタント・カウンセラーの ひろうゆうこ です^^

ワタシにご相談くださったり
興味を持って関わってくださる方には
共通の特徴があります。

それが

まず自分から行動する

が大前提としてある人です。

いわゆる

自分で何とかしたい!人です

 

たとえば
アナタは
お腹の調子が良くない とします。

気になるなーと感じたときに

・まず、症状から調べる
・原因を考えてみる
・病院に行く段取りを取る

・調子が悪い~と家族に言う
・症状を話してどう思うか尋ねる
・病院行ったほうが良いか相談する

この違い、わかりますか?

上の3つに当てはまる人は
まず自分で何かしら能動的行動を始める人

下の3つに当てはまる人は
今の自分をどうにかしたいのを誰かに何とかしてもらう人
(受動的行動)

どちらも
おなかの調子が良くないときの行動として想定できます。

だから、
すべての行動が どちらかに当てはまる という判断はこれではできませんが

行動の傾向(クセ)は見えてくるでしょう。

下の3つに当てはまる人って
お願いしたり、頼んだり、相談したりが上手なんです。
っていうか、それが

当たり前

になってる方もいたり。。。

しかし、上の3つに当てはまる人は

本来「お願いする」「頼む」「相談する」という選択肢が

ない

場合が多いんですね。

自分で何とかしたい!人は上の3つに当てはまる人とも言えます。

 

そして自分で何とかしたい!人
「お願いする」「頼む」「相談する」場合は

結構ものすごく
切羽詰まってるとき

が多いんです。

 

そこまで切羽詰まらないと お願いできない

とも言えますね^^

自分で何とかしたい!人

切羽詰まるまで
自分で何とかしようと試みるんですね。

それだけ

やれる力が備わっていて
実際にやれてきたことが一杯あったはず
やれてきたから
今度もまた
自分一人で何とかするのが当たり前になっちゃってる

ってことはですね

そんな自分で何とかしたい!人

ちょっとやそっとで
「お願いする」「頼む」「相談する」
をしなくても

凄くパワーがあって
力もあって
行動力もあって
成し遂げる才能が備わってるんです

そんな自分だから

「お願いする」「頼む」「相談する」しなくても

なんとかしてきた

人生を生きてこれた

それはそれで 結構凄いこと だと思いませんか?

まずは
それを認めてください

そして。

今度は誰かに

「お願いする」「頼む」「相談する」をしてください。

 

それは

凄いアナタが アナタ以外のほかの誰かに 役に立てる場を与える

ということ。

そしてそれは
役に立てる場を与えられた人が
生きがいを感じられる場でもあるのです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA